So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
フリーソフト ブログトップ

ふわふわパン屋さん と SmartDefrag [フリーソフト]

この前、カスタードコロネが出たガチャガチャ。

2010-10-25T22-50-11-4c346

ダイエーにもあったので、調子に乗ってもう一回やってみた。^^v

 

で、出たのが・・・・

 

 

gachagacha04

食パンです (;>_<;) エーン

一番出てほしくないのが出ました... プレーンすぎて面白くないっ。

 

さて、気を取り直して、

JkDefrag改めMyDefragを愛用しているんだけど、
タスクでアイドル時に自動実行するよう組んでたら、
これって結構メモリをばんばん食って、メモリ不足で
強制終了していることがたまにあった。
(仮想メモリのページングファイルは無しにしているので、
実メモリ容量を使い切ったら終わり^^;)

で、アイドル時にもうちょっと軽く動くのを探してみた。
試してみたのはこちら。

 smartdefrag03

Smart Defrag1.50

これの売りは、
システムのアイドル時を見計らって、断片化したファイルを
少しずつまめに最適化するタスクトレイ常駐型のデフラグソフト
by 窓の杜

まさにうってつけ^^v

使用頻度の高いファイルやフォルダをより早く読み書きできるよう、
当該データをハードディスク外周へ配置する機能も搭載
by 窓の杜

というのもアイドル時にやってくれるらしい。
インストールは簡単。 設定も簡単。 Mydefragと比べてカスタマイズできる項目は
全然少ないけど、これでも十分か。

インストールすると既に自動でフラグが有効になっているので、そのまま
放置していればデフラグが始まる(はず。)

いじるところといえば、開始ボタンの横にあるプルダウンメニューから
・デフラグのみ
・最適化(簡易)
・最適化(最大) ・・・使用頻度の高いファイルやフォルダを外周へ配置
を選ぶのと、

smartdefrag01

オプションの ”Windows起動時に自動的に起動” を選ぶのと、
”次のサイズ以上のファイルはスキップ” を選んだぐらい。

smartdefrag02

アイドル時にメモリをガシガシ消費することもないっぽい。

しばらくこれで様子を見るかと。

 

 

 

人気ブログランキングへ ブログランキング参加中!このボタンをぽちっと^^

 

ビーチテニスの公式HP(日本ビーチテニス連盟 JFBT)はこちら
日本ビーチテニス連盟 JFBT 公式ブログはこちら。
nice!(0)  コメント(0) 

windows7 導入 [フリーソフト]

10月22日に発売が予定されているWindows 7、先行して
導入してみました。

って、見た目(雰囲気だけ?)をWindows 7に似せるソフトや
テーマが色々出始めているので、ちょこちょこっとチョイスして
入れただけです。^^;

当然?WindowsXPから乗り換える予定は当分無し^^;
別に何も困ってないし^^

で、まずはデスクトップテーマをWindows 7風にしてみましょう。

 

パッチの実行

純正のデスクトップテーマ以外を使うには、ちょっとパッチを
あてる必要があります。

Windows XP SP2の場合はここからDLして実行します。

・Universal UXTheme Patcher 2.1

ちなみに、SP3の場合は、

・SP3 UxTheme Patcher 1.2

私はいまだSP2なので、・Universal UXTheme Patcher 2.1 を
DLします。 (SP3入れて大変な目にあったんで・・・

解凍すると、こんなexeが出てくるので実行。

universalux01.jpg

色々書いてありますが^^; Patchボタンをクリック。 一瞬で処理が終わって
再起動を促してくるので、再起動しましょう。

universalux02.jpg

 

デスクトップテーマの適用

今回は、SevenVG Refresh Theme with Superbar for Windows XP を
入れてみます。 DLして解凍すると、Fontsフォルダ、StylerToolbarフォルダ、
Themeフォルダがでてくるので、各々その中に入っているexeを実行します。

windows701.jpg

Fonts.exeを実行すると、フォントが追加されます。

StylerToolbarフォルダ内の、First Install Me.msi を実行した後、Then Run Me.exe を
実行すると、エクスプローラーがこんな感じになります。

windows706.jpg

Theme.exeを実行すると、画面のプロパティでSeven VG Refresh を選択できるようになります。

windows702.jpg

画面全体は、こんな感じになります。

windows704.jpg

タスクバーはこんな感じになります。

windows703.jpg

 

ただ、これだけだと、ほんと見た目だけなんで、何も面白くありません^^;

 

スーパーバー

せっかくなんで、Windows 7 の機能を一部先取り?するフリーソフトを入れてみました。

窓の杜に特集が組まれていますが、その中の1つ、タスクバーをスーパーバー にするソフト。

ViGlance

これを入れると、タスクバーのボタンが、アイコンのみの表示になります。 そして、そのアイコンの上に
カーソルを合わせると、そのアプリケーションで開いているウィンドウがサムネイル表示されます。

windows705.jpg

これは、インターネットエクスプローラーでホームページを3つ開いている状態で、IEのアイコンに
カーソルを合わせた状態です。 こんな感じにサムネイル表示されて、サムネイルをクリックすると
選んだウィンドウが復元します。

ちょっとサムネイル表示に時間がかかりますが、なかなか便利^^v

ほかにも色々フリーソフトが出ているみたいなんで、お試しあれ^^

ただ、導入は自己責任でお願いしますm(__)m

 

 

人気ブログランキングへ ブログランキング参加中!このボタンをぽちっと^^

 

ビーチテニスの公式HP(日本ビーチテニス連盟 JFBT)はこちら
日本ビーチテニス連盟 JFBT 公式ブログはこちら。
nice!(0)  コメント(0) 

フリーソフト SPOTWEATHER [フリーソフト]

雨がじゃんじゃん降っているので、お天気ソフトの紹介を。

この手のソフトもいっぱいフリーでリリースされていますが、
その中のひとつ、SPOTWEATHER というのを使っています。

どのソフトも基本機能は同じで、気象情報を自動でダウンロードしてきて
その情報をいかに加工して表示するかで差別化されているようです。

このソフトは、タスクトレイに天気情報をアイコンで表示する機能と、
デスクトップに週間予報を表示する機能の両方を備えています。

で、特徴的なのが、その横に衛星画像を表示できること。

いわゆる雲の動きが分かります@@;;

spotweather.jpg

さらに、ユーザー登録すると、天気図、アメダスの映像もみれます。

tenkizu.jpgamedasu.jpg

ちょっとちっちゃいんですけどね^^;;

たしかに、HPを見れば、天気なんてすぐ分かるんですが、そのHPを開く作業すら
必要なく、ぱっと天気が見れるのって、使ってみれば分かると思いますが、

意外と便利^^v

 


nice!(0)  コメント(0) 

フリーソフト CCleaner [フリーソフト]

雨が降って、テニスが中止になってヒマなんで、ソフトの紹介を。

パッケージも色々出ている分野ですが、HDD内の不要ファイルをピックアップして
削除(掃除)してくれるフリーソフト、CCleanerを使ってみました。

不要ファイルの削除は、
 ・IEのキャッシュ、クッキー、履歴などの削除
 ・一時ファイル、メモリーダンプ、CHKDSKのフラグメント等の削除
 ・ Firefoxのキャッシュ、クッキー、履歴などの削除
 ・その他、インストールされているアプリケーションの不要データ削除

レジストリの保守もやってくれて、
 ・見つからない共有DLL、関連付けられていない拡張子等々、レジストリの問題を解析して削除

あとは、プログラムのアンインストール、エントリーの削除、スタートアップのエントリー削除などの
機能もあります。

向こうもんのソフトですが、そのままでもほぼ日本語化されているので便利です^^v

ccleaner.jpg

ちなみに、この手のソフトを一度も書けたことのない状態で、今回クリーナーを実行してみたら、
約1GBも掃除できました@@;;

レジストリもついでに解析してもらって、直して?もらいました。

ただ、レジストリに関しては、万が一間違えた処理をするとWindowsそのものの動きがおかしくなるので、
システムの復元ポイントを作る等で、元に戻せる状態にしておいたほうが良いです。

あくまでも、この手のソフトは、

自己責任で使いましょう^^v

私は一切責任持てませんのでm(__)m

 


nice!(0)  コメント(0) 

フリーソフト JkDefrag [フリーソフト]

雨が降ってヒマなんで、フリーソフトを色々試してみた。
ノートPCのほうが起動が遅くなってきたって言うんで・・・

【デフラグソフト JkDefrag】

 デフラグ機能はWindowsに標準で搭載されているが、フリーソフトでもいくつかある
みたいなんで、その中でそれなりに人気がありそうなのを使ってみた。
(Windows2000のデフラグは、アプリケーションとして単独で存在していない)

Windows 2000/XP/Server 2003/Vista/XP x64/Server 2003 x64/Vista x64 と
幅広く対応しています。
ただ、「JkDefrag」は、メニューやオプション画面などが一切なく、起動するだけで
即座にデフラグが実行される。 その代わりコマンドラインオプションに対応していて、
色々細かい条件設定することができる。(いろいろ知識が必要だけど)

また、デフラグエンジンにWindowsのデフラグ用APIを利用しているそうなので、
多少は安心かと。というか、”コマンドライン” ”タスクで自動実行” 
というのにつられました^^;

オプションはこんな感じにつけるらしい。

 

-a N (たとえば -a 7)

処理内容を設定。 Nのところに1〜11を設定すると以下のような
処理となる。 デフォルトは3
 1 = Analyze, do not defragment and do not optimize. (解析だけ)
 2 = Defragment only, do not optimize. (デフラグだけ)
 3 = Defragment and fast optimize [recommended]. (デフラグと最適化)
 5 = Force together.
 6 = Move to end of disk.
 7 = Optimize by sorting all files by name (folder + filename).
 8 = Optimize by sorting all files by size (smallest first).
 9 = Optimize by sorting all files by last access (newest first).
 10 = Optimize by sorting all files by last change (oldest first).
 11 = Optimize by sorting all files by creation time (oldest first).

-s N

デフラグ速度(1〜100%)。 デフォルトは100。 数字を小さくするとデフラグ速度が
遅くなる=ほかの作業への影響が低くなる。

ドライブレター フォルダ名

デフラグを行うドライブやフォルダを指定。

 

そのほかのオプションはヘルプ参照。

パッケージの中には、JkDefrag.exe と JkDefragCmd.exe が
あるが、基本的には同じで、上記オプションも同じように使える。

なので、デフラグ中の動きをビジュアルで確認したい場合はJkDefrag.exeを
ビジュアル表示が不要であればJkDefragCmd.exeを使う。ただし、
JkDefrag.exeは、終了後自動でウィンドウは閉じないので、自動実行
とかにしたい場合は、終了後に自動で閉じるJkDefragCmd.exe の
方が良いと思う。タスクとかで使う場合。

jkdefrag.jpg

JkDefrag.exeを実行した場合

jkdefragcmd.jpg

JkDefragCmd.exeを実行し場合

あとは、JkDefragCmd.exeをタスク実行するように設定すれば
完成。ただ、初回実行時はそれなりに時間がかかるので、初回は
手動で実行しておいてから、日々タスクで自動実行するように
しておいたほうがいいかと。

jkdefragtask.jpg

75%の実行速度でCドライブとDドライブをデフラグする場合

 


nice!(0)  コメント(0) 
フリーソフト ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。