So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ホンダ ディオのオイル交換 [雑談]

今日は朝一のレッスン以外、予定がなかったので、久しぶりにバイクのオイル交換をしてみた。

バイクはホンダ ディオ(Dio)。

1.用意するもの

・4サイクル用エンジンオイル
 スクーター用と書かれている「ホンダ 2輪用エンジンオイル ウルトラ E1 SL 10W-30 4サイクル用」でもいいし、「ホンダ 2輪用エンジンオイル ウルトラ G1 SL 10W-30 4サイクル用」でもOK.

・オイルを注ぐジョッキ
 ディオに必要なオイルの量は700ml。オイル缶は1000mlなので、計量する必要があるので、ダイソーのキッチンコーナーに売ってた大型計量容器を使用。あと、このままだと注ぎづらいので、じょうごも一緒にゲット。

CameraZOOM-20180318135400213.jpg

・廃油の受け皿
 数百円で売ってる廃油処理箱が便利。そのまま下水とかに流したら絶対だめです。

・ドレンパッキン
 ドレンボルトのワッシャー。オイル交換毎に新品を使ったほうがいいです。締め付けて潰れることによって役割を果たすものなので、再利用はおすすめしません。
純正品が用意できればベストだけど、サイズ(外径×内径×厚み:20mm×12mm×2mm)が一緒だったら、ネットとかで安く売ってるのでOKかと。今回はホームセンターで売ってた車用のパッキン。サイズが一緒だったから、これでいいかなと。

CameraZOOM-20180318133707399.jpg

・工具類
 ドレンボルトを外すのに17mmのレンチ。あと、ドレンボルトを締めるのに、締めすぎないようにトルクレンチがあると便利です。締めすぎるとねじ山をダメにしちゃうし、締め付けが弱いとオイルが漏れる恐れがあるので、トルクレンチで規定の締め付けトルク(24N-m(2.4kgf-m))でちゃんと締めるのが安心。

2.オイルを抜く
 ドレンボルトを外す前に、数分暖機運転をします。オイルを温めて排出しやすくするためです。
暖機が終わったらエンジンを止めて、ドレンボルトの真下に廃油の受け皿を用意して、ドレンボルトを外します。

CameraZOOM-20180318131635236.jpg

最初は工具で緩めて、指で回せるようになったら、あとは手で外しましょう。完全に外れたらオイルがドバっと出てくるので、ドレンボルトを廃油の海に落とさないよう気をつけましょう。

CameraZOOM-20180318132637565.jpg

オイルを入れる口についているフィラーキャップも外しておきましょう。多少なりともオイルが出やすくなるみたいです。

CameraZOOM-20180318132733953.jpg


3.ドレンボルトを締める
 ドレンボルトと取付面を綺麗にして、ドレンパッキンを新品に交換します。そして、ドレンボルトをエンジンに取り付けるときは、斜めに入らないよう、手で慎重にねじ込んでください。最後はトルクレンチで規定の締め付けトルク(24N-m(2.4kgf-m))で締めます。

CameraZOOM-20180318133839396.jpg


4.オイル注入
 オイルジョッキやじょうごなどを使って、規定量(700ml)をゆっくり入れます。急いで入れると、あふれてこぼれることがあります。

CameraZOOM-20180318135656885.jpg


5.オイル量の確認
 オイルを入れきったら、フィラーキャップをしっかり締めて、数分間暖機をします。暖機後、オイル量が落ち着くまで、また数分放置します。
そのあと、一旦フィラーキャップを外します。フィラーキャップについているレベルゲージのオイルをきれいにふき取った後、再びオイル注入口にそっと差します。

CameraZOOM-20180318143347444.jpg

差したらねじ込まずそのまますぐ抜き取ります。その時にレベルゲージにオイルがちゃんとついていればOK。

CameraZOOM-20180318143422992.jpg

再びフィラーキャップをしっかり締めて、オイル交換完了。



nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。