So-net無料ブログ作成

留守電機能を「IP電話+転送サービス」で実現してみた [スマホ]

海外製の格安SIM機には、留守電機能(伝言メモ)がほとんどついてない。V580も。
そもそも留守電機能自体が、日本独特のガラパゴス機能なので、日本向けにわざわざ作りこんでる機種しかついてないらしい。

留守電機能がないのはちょっと困るんで、どうしようか調べてみた。
BIGLOBEには、そういう人を見越してか、追加料金(290円/月)で留守電サービスを申し込めるんだけど、せっかく格安SIMにしたのに追加料金とはいただけない・・・

rusuden01.jpg

で、もうちょっと調べてみたら、「IP電話+転送サービス」という組み合わせで、留守電機能と同等のことが実現できるらしい(o^∇^o)ノ

まぁ、簡単に言えば、BIGLOBEの「転送電話サービス」を使って、かかってきた電話を、無料のIP電話サービス「IP-Phone SMART」に転送して、IP電話側についている留守電機能で録音するという手順です。

IP-Phone SMARTは楽天コミュニケーションズが提供する通話サービスで、初期費用・月額料金・留守番電話・着信転送・非通知・指定番号の着信拒否の機能が全て0円、発生する料金は通話料(8円/30秒)のみというものです。

rusuden02.jpg

なので、IP-Phone SMARTを使えば、無料で留守電機能を付加できるという仕組みです。 

ただ、完全に無料かというとそうではなくて、転送電話サービスで転送している間は、BIGLOBE側の通話代が取られてしまうので、頻繁に留守電に録音することがある場合は、通話代がかさんでしまうので、素直にBIGLOBE側の留守電サービスを申し込んだほうがいいかも知れません(~ ~;)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。